SUVの車種が流行る時代は終わったのか

SUVと言う呼び名は、この20年ほどの間に広まった車種です。スポーツユーrひりrひービークルと呼ばれます。

NAVIGATION

SUVは新しい車種の呼び方です。

ほとんどがクロカンなどを走る4WD車だと言えます。
それがSUVと呼ばれる車種だとだと言えるのです。
野山はもちろん、都会的な街並みにも似合うのがSUVです。
これまでは大型車両ばかりでしたが、最近では軽自動車でもSUVを名乗る車が出てきています。
通常のSUV車は、車両の大きさから燃費が他の車に比べて結構悪いのですが、軽のSUVなら、その分比較的楽にはなるので、所有していても維持費は多少ましにはなります。
もちろん、同じ軽に比べると、4WDの装着でその分燃費は悪くはなりますが、SUVを所有していることを考えると、燃費も比較的に良いと言えるのです。
もちろんSUVを購入する人間は、それほど燃費を気にする人はあまりいません。それよりも車の使い勝手を重視する傾向にあるのです。

SUVとして、野山を駆け巡る性能の方が大切だと言えるのです。
もちろん、最近の人々の中には、そのボディデザインだけに魅力を感じて、4WDを使って走行することは全くないという人もいます。
そのため、購入から手放すまで、一度も4WDの機構を使うこと無く、手放すような人も意外と多いそうです。
もちろん、舗装道路オンリーで、野や山に踏みいることもしないという人もいます。
当然ながらそんな使い方をしても十分納得できるだけ、装備も優秀で、全く問題になることも無いからです。
そんな車であれば、中古車として購入しても魅力が一杯残っていると言えます。
やはり悪路を走るのは、車にとっては過酷な条件だと言えるからです。

ピックアップ



Copyright(c) 2017 SUVの車種が流行る時代は終わったのか All Rights Reserved.